FFⅧミーティング

格闘バカ(ゼル)

「いいか?Seed認定試験が終わって学校を出る時、校長からランプをもらうことを忘れちゃダメだ。チャンスはそれ一回きりだから」

 

雨男(スコール)

「ああ、判ってる。それ使ってディアボロス倒せばGFディアボロスとジャンクションできてスキル『エンカウントなし』でレベル上げすぎずにクリア出来るからな。こっちのレベルが上がるとモンスターもレベルが上がる鬼設定だからな」

 

関西娘(セルフィ)

「このブログの管理人、それ知らなくてレベル65でアルテマウェポン倒してラスボス倒してクリアしたってよ」

 

眼鏡鞭女教師(キスティス)

「まさに行き当たりばったりのプレイヤーだわね…後でそれ知って『ファッ◯ン!』叫んだって話よ」

 

天然小悪魔ヒロイン(リノア)

「でも、管理人が一番燃えたのは、格闘バカの技でジャボテンダーぶんぶん振り回した時だった…」

 

チャラ男狙撃手(アーヴァイン)

「いいか?これから入る遺跡にいる緑色の可愛い『トンベリ』って奴に十分気を付けろ。

ヘイスガとアレイズは最低身に付けておけ。

なんたってあいつの『ほうちょう』は最大HP999しか持てないボクたちに10000ダメージ与える鬼畜の技だ。

 

一人は死に要員として見捨てる必要がある…ってなんでみんなボクを見るの?」

 

格闘バカ

「しまっていこう!」

全員

「おー!」

 

無責任雷監督(ラグナ)

「若さって、うぃーねー✨」