はてなが段々わかってきた。

ほかのはてなブログ記事読んでると、

「こりゃ原稿料取れるな」な蘊蓄のあるコラムがほとんどで、

 

私がむかーし、htmlの間に日記書いてた頃の、

「至って普通の、山登っただのうちのペットの猫ちゃんの写真貼った、他人にとってはどーでもいい日記」

は無くなった、という事です。

 

それでも今では驚く程温かいコメントくれる「ホームページの管理人さんたち」が多かったんですよ。

15年前のネットの世界は。

例えれば同人誌で「わあ、私もこういうの好きです」批評し合ってるような。

それでも一線踏み越えないマナーがネット仲間との間にはありましたけど、

 

今じゃHP→ブログ→SNSになり、同人誌から週刊誌レベルにまで広がりすぎた。

 

ってのが今のネットなのかな?

 

敢えてどーでもいい日記書きたいけど、ほかのはてなブロガーさんの記事が作り込まれていて自分のしょーもなさ世間さまに見せてもな(汗)

 

となかなか更新しない管理人だったりする。

 

ちなみに昔のカキコ(掲示板のコメント)仲間はSNSやってない。ブログも他人の記事読むだけ。とゆー現状になりました。